methaneのブログ

このブログに乗せているサンプルコードはすべてNYSLです。

とうとう実行

えと、このページ見た同僚は、絶対に口外しないこと。特に会社の中では厳禁。まだ決まってないし。

先日、「今の職場ではもう技術的刺激を感じないから、今年度末に別の部門へ転属orいっそのこと転職しようと思う」と上司にメールした。
で、今日、おきまりの「リーダーによる引き留め」会談があった。

今の職場では、C言語+ITRONによる中規模ソフトを開発しているが、C言語は中規模開発以上では非常にストレスが溜まる*1し、uITRONは仕様が最小限なので底が浅くて探求の対象外。リセットが発生してからC言語のコードが動き出すまでの部分のアセンブラコードも一通り読んだし、ビルドシステムについては今や僕が一番よく判っていて、無駄をそぎ落としてかなりビルド時間を高速化した。

今の会社のまま、僕の知的好奇心を満たすには、C++と組み込みLinuxを採用したプロジェクトに転属させて欲しい。
しかし、僕の大きな目標は、世の中に少しでもプログラマの待遇が良い職場が増えること。そのために積極的に待遇が良い職場を探してそこに転職し、その会社のために僕の能力をつぎ込んで行こうと思っている。今の職場を離れるなら、会社を離れる良い機会だと思う。

という話をしたら、「お決まり」以上の引き留めは受けなかった。若くて才能もあるプログラマを一つの狭い職場に何年も引き留め続けるのは本人のためにならないから、本気で引き留めは出来ないってね。

*1:たとえば、classもnamespaceもないから、HOGE_foobar.HOGE_hoge->FOO...のようにいちいち名前にprefixが付き、非常に冗長