読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

methaneのブログ

このブログに乗せているサンプルコードはすべてNYSLです。

ホワイトプラン

すごいなーとは思うけど、なんで通話料がこんなに安く定額に出来るのに、通信料は出来ないんだろう?他社宛通話が定額に出来ないのは接続料があるからだけど、インターネットに繋ぐのは殆どコストかからないよね?
QoSを使って、高い通信料を払ってる人に優先的に広い帯域を割り当てる仕組みがあれば、通信料を安くしても、高い値段で高速通信している人の邪魔にならないはず。

実際には、980円で音声定額ってのは、通話だけを見れば赤字プランなんじゃないだろうか?で、データ通信は今まで通りの高い利益率だから、その利益で音声の赤字を補填するという、非常にバランスの悪い構造。

基本料1000円、通話料12円/30秒、社内音声通話定額オプション1000円、端末からのデータ通信定額オプション1000円、PCに繋いでのデータ通信定額オプション5000円、、、みたいな、バランスよく、みんなが安く、判りやすい料金体系はできないの?

とりあえず、ホワイトプランの影響をモロに受けるWILLCOMの対応に期待。