methaneのブログ

このブログに乗せているサンプルコードはすべてNYSLです。

Expert Python Programming

eBookにて購入。いいなこの本。
チュートリアルを読み終えてしばらくPythonを触った人〜独学でPythonパッケージをPyPIに登録するようになった人まで、入門者を除く広い層にお勧めできる。
Pythonって、標準で、Python以外の言語は使えるプログラマ向けチュートリアルがあるし、プログラミング自体はじめての人向けの入門書も出てる。
まだ Chapter2 を読み終えたところだけど、contextlibの使い方とか勉強になった。with文は人の作ったcontext managerを使ったことはあっても、自分でcontext manager作ったこと無かった。

ただ、サンプルコードにはバグやお手本としてふさわしくない点がある。例えば、

>>> from contextlib import contextmanager
>>> from __future__ import with_statement

これ、インタラクティブシェルだから良いけど、ソースコードに書くと __future__ からの import はほかの文より先にないといけないのでSytaxErrorになる。
ほかにもファイルを開くのに open() じゃなくて file() を使っていたりする。
気づいた点は後でまとめてフィードバックしよう。

Twitter上で翻訳してほしいという話があったんだけど、本当に翻訳するなら出版社に話を持ちかけたらいいのかな?技術評論社ならPython 3.0 Hacksで担当してもらった人の名刺持ってるけど。