読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

methaneのブログ

このブログに乗せているサンプルコードはすべてNYSLです。

Wheel が Linux でもバイナリパッケージに対応しました

python

PEP 0513 -- A Platform Tag for Portable Linux Built Distributions | Python.org

今まで WindowsMac では、ビルド済みのバイナリ形式の拡張モジュールを wheel にして配布することができました。

WindowsMacに比べてLinuxは環境の差が激しいのでバイナリ wheel に対応していなかったのですが、有名なディストリであればだいたい動くようにするためにどうすればいいか (glibc の古いAPIしか使わないなど) を勧告としてまとめて、十分実用的だと判断されたようです。(ただしこれは勧告であって、実際に pip や PyPI でこのルールに則っているかチェックされるわけではないようです)

manylinux1 policy

性質上、何らかのライブラリのバインディングを提供する拡張モジュール (例えば libxml を使う lxml など) で利用するのは難しそうですが、スピードアップのために重い処理を拡張モジュール化しているケースでは利用しやすいはずです。

特に今 Python を盛り上げているデータ・計算系は、ユーザーが専門のプログラマとは限らず、CやC++が難しいからPythonを使ってる人も多いので、インストールするのに必要な(トラブルシュートにCの知識を要求する)ステップが不要になるのはとても良いことです。

個人的に期待しているのは、今までインストールのしやすさのためにできるかぎりC言語オンリーで書いていた拡張が、RustやGoなどで書いて配布しやすくなることです。ヘッダーオンリーの pybind11 を使って C++ も使えるかも。

とりあえず PEP をよく読んで、自分の作ってるライブラリがこの勧告に準拠できるかよく確認するところから始めましょう。