読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

methaneのブログ

このブログに乗せているサンプルコードはすべてNYSLです。

Windows では2020年を待たずに Python 2.7 が使い物にならなくなっていく

python

昨日 mysqlclient 1.3.10 をリリースしました。 今までは Windows 版の wheel は Python 2.7 だけに提供していたのですが、 1.3.10 からは 3.5 と 3.6 だけに提供して 2.7 はドロップしました。

そもそも今まで Python 3 に wheel を提供できてなかったのは、 MySQL Connector/C の VC14 (VS2015) に対応したライブラリが提供されておらず、 Python 3.5, 3.6 は VC14 でビルドされていて VC12 用のライブラリにリンクすると大量のエラーでるわ自分で手順読みながら頑張って MySQL をソースからビルドしてもなんか動かないわで諦めてたからです。

それが、2年待て、よーーーやく MySQL Connector/C 6.1.9 から VC14 のライブラリが同梱される用になりました。 GPLだから困ったら自分でなんとかしろと言われればそれまでなんですが、もうちょっと早くできなかったんでしょうか、Oracleさん。。。

一方で、 Python 2.7 は VC9 (VS2008) でビルドされています。しばらく前の(具体的なバージョンは忘れた) MySQL Connector/C から、 vc10, vc11, vc12 用のライブラリしか提供されてなかったのですが、 vc10 と無理やりリンクするとリンクエラーも起こらずちゃんと動いてるっぽかったし、特にライブラリ側でmallocしたメモリをPython側でfreeするみたいな明らかな問題も無かったので、vc9とvc10のランタイムライブラリを両方リンクすることでなんとか wheel を提供できていました。

それが、 Connector/C 6.1.9 からは vc11, vc12, vc14 のライブラリだけが提供されるようになり、 vc10 のライブラリが消えました。 一応、 utf8mb4 に対応した後、 6.1.9 以前のライブラリバージョンを使ってビルドし続けることもできるんですが、もともと気持ちよくない構成でビルドしてたので思い切って Python 2.7 wheel のビルドをやめることにしました。

Windows でバイナリ互換性を維持するには VCRT のバージョンを固定する必要があり、 Python 2.7 は 2008 年の VCRT にずっと依存しています。 Python コア開発者は 2020 年まで Python をメンテしていますが、サードパーティーのライブラリは 2020 年まで 2008 年の VCRT をサポートしてくれるわけではありません。 VC++ 2013 や 2015 に移行したライブラリは、 VC++ 2008 では利用できない機能 (<stdint.h> とか) を喜んで使うでしょう。古いバージョンのライブラリを使い続けるのにも、セキュリティ fix をバックポートする努力をしなければ、安全でないものを配布することになります。 (Python 2.7 サポートを望む声に負けて、安全でないライブラリを配布してるライブラリがすでに存在するかも知れません。というか存在すると思います。)

Windows 向けに binary wheel を提供している開発者は、そろそろ Python 2.7 のサポートのために変に頑張るのを止めて、代わりにユーザーに Python 3 への移行を頑張ってもらうべきだと思います。

WindowsPython 2.7 を使っている開発者は、 pip install が成功するからという理由で Python 2.7 を使い続けるのをやめましょう。 「Python 2.7 サポートのためにバグやセキュリティホールのある古いライブラリが使われてないか」をチェックし続ける努力より、 Python 3 に移行する努力のほうが建設的ですよ。