読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

methaneのブログ

このブログに乗せているサンプルコードはすべてNYSLです。

pip 9.1 から msgpack が使われるようです

python

Adopt cachecontrol 0.12.0 with msgpack support というコミットがありました。

どうやら CacheControl というのが pip が使っている requests 用のキャッシュライブラリで、その最新版が msgpack を使っているようです。

前のバージョンはバイナリデータを base64 した上で json に入れて gzip していたのですが、もともと圧縮されてるバイナリを扱うときに gzipbase64 によって増えた分を減らす以上の効果は期待できない上、 PyPI からダウンロードするファイルってほぼ100%圧縮済みなので、キャッシュファイルの読み書きで無駄なオーバーヘッドがあったみたいですね。

バンドルされてる msgpack は pure Python で実行できる fallback モジュールのみなのでどこでも動くし、 Cython 版じゃないのも今回みたいにファイルが大きい以外はデータは多くなくて単に base64 + gzip の負荷を減らしたいときは完全に安全だし、まさに msgpack の典型的な成功例 (jsonバイナリ詰めたかったら msgpack!) のように見えます。

ということで、 pip 9.1 がリリースされたら msgpack のユーザーが爆発的に増えそうです。