読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

methaneのブログ

このブログに乗せているサンプルコードはすべてNYSLです。

gosym を使って引数名を取得してみる

golangで実行時に関数の引数の名前を取得する方法 を見て、 Go には debug ってパッケージも合ったなーとおもって試してみました。 当初、同じパッケージ内にダミーの関数を用意してやろうと思ったのですが、リンク時に strip されるらしく、 さらに呼び出し…

GoCon で発表してきました

僕の発表 発表資料というかメモ 発表時間が20分だったので、ISUCONの紹介と、 Go 凄いよってことをアピールしてきました。 あとで流れてる Tweet を見ていたら、僕が一番感動した部分があまり拡散されてなかったので こちらで繰り返しておきます。 去年の IS…

Python 3 の MySQL ドライバ事情

Python 3.3 の現状の MySQL 事情ってだいぶ解りにくいので、 MySQL-python と PyMySQL についてまとめておきます。 MySQL Connector/Python とかも Python 3 対応しているはずですが使ってないので知りません。 MySQL-python 多分デファクトスタンダードな M…

Go の MySQL ドライバの効率の良い使い方

10/5 に ISUCON 3 の予選に Go 言語で参戦していました。 とりあえずレポートは会社のブログに書いたので、 Go 言語で go-sql-driver/mysql を使って MySQL を使う時に知っておくと良い点をまとめておきます。 ちなみに MySQL ドライバにはもうひとつ MyMySQ…

PyMySQL 0.6 がリリースされました

PyMySQL のコントリビュート始めました という記事を書いたころ、ちょうど PyMySQL のメンテナが活動できなくて開発が停滞していたので新しいメンテナを募集していました。 僕はその募集に気づいていなかったので立候補もしていなかったのですが、幸運なこと…

PyMySQL のコントリビュート始めました

MyKaze を作ってみたり、 http://www.techempower.com/benchmarks/ で PyPy を使ってみたりして、 PyMySQL の重要さを強く感じました。 libmysqlclient は non blocking IO との相性が悪いし、 MySQLdb は Python/C API をガッツリ使ってるので CPython での…

PEP 8 を翻訳しました

PEP 8 の邦訳は既にありましたが、誤訳が残ってたり版が古かったりと問題があったので、最新版の PEP 8 をエイヤと翻訳しました。 公式ドキュメントの翻訳プロジェクトで PEP 翻訳の管理・公開できる体制ができるまで、 DropBox においています。 https://dl…

BitCasa がずっと CPU 100% 使いつづける場合の対処法

https://support.bitcasa.com/entries/23769606-Known-Issue-Desktop-App-is-Stuck-at-X-MB-to-go- ここに書いてあるとおり、BitCasa を一旦終了してキャッシュを全部削除してから起動しなおしたら、しばらく同期して Idle に戻る。

舞風作った

暗い雰囲気は苦手です。 https://github.com/methane/MyKaze Tornado で MySQL 使うの、まぁ ワーカースレッドでやれる んだけど、 なんかかっこ悪いよね。せっかくだから Tornado の仕組みで通信したいよね。 ってことで、 PyMySQL の中の socket を Tornad…

Ducktyping じゃない interface の良さも取り込む Python (RE: PHP の interface なめんな

PHP の interface なめんな を読みました。 Python も非 Duck typing の良さを順調に取り込んでいます。 Python で上記記事のサンプルを書くと from __future__ import print_function # for Python 2/3 compatibility import abc class Renderable(metaclas…

テストコードがないコードだけが技術的負債じゃないよ

私は「レガシーコード改善ガイド」を読んだことがないのですが、世間的に「テストコードがないコードが技術的負債」という認識が広まっているようです。 レガシーコード改善ガイドを批判するつもりは全くありませんが、たんにその本の中で使われている「レガ…

distribute と setuptools がマージされた

setuptools の開発が停滞し、 fork の distribute が開発を継続していた状態で、初心者にとって最初の大きな罠になっていました。 この2つがマージされることになり、 setuptools 0.7 がリリースされました。 移行手順 How do I upgrade... にあります。 set…

言語とリーダビリティ

この記事は 勝手に添削: PHP初心者向けのコード最適化 の続編です。リーダビリティの定義は前と同じく、「そのコードが何をしたいかを把握する時間+そのコードをレビューして正しいと自信を持てるまでの時間」の短さです。 よく「php よりも Python の方が…

勝手に添削: PHP初心者向けのコード最適化

php

PHP初心者向けのコード最適化 という記事がちょっと社内で話題になったので勝手に添削します。 話題になった理由は、確かにコードは最適化できてるけど圧倒的に汚くなってるからです。 この記事を読む前に、まずリーダビリティについて意識合わせしておきま…

pip install や easy_install を速くするための pypi の設定変更

pip や easy_install が突然速くなるかもしれない で紹介した pypi からのインストール高速化の第一弾が始まりました。 といっても、いきなり勝手に pypi 側でスクレイピングするURLを変更するのではなくて、パッケージ管理者が明示的に指定する方法になりま…

vagrant で ansible を試す

Vagrant 1.2 から ansible がサポートされたということで、気になって試してみた。 まだ自作モジュールとかは作ってなくて、単に vagrant で使えるところまで。 vagrant-ansible vagrant plugin install ansible で vagrant の provision 機能として ansible…

GoCon で Go 1.1 のスケジューラについて発表して来ました

発表資料というかコードの流れのメモはこちらの gist にあります。 https://gist.github.com/methane/5377227 ほんの数カ月前に読んだときの記憶がいろいろ間違ってて、 proc.c のログを見たら今年に入ってからだけでもすごい進化しているのが解ります。 あ…

pip や easy_install が突然速くなるかもしれない

PyPI を安全に利用するために、先日デフォルトで https を利用する pip がリリースされました。 ですがこれで終わりではありません。 pip や easy_install は PyPI のページからリンクを辿ってスクレイピングしてパッケージを探しています。リンク先がhttps…

wsaccel を Tornado に対応しました

最初の wsaccel は UTF-8 のバリデート処理だけを高速化していたのですが、 WebSocket Frame のマスク処理も1バイトごとビットでxorをとる処理だったので高速化するようにして、 0.5 をリリースしました。 Tornado はUTF-8のバリデートをしていない (このバ…

dotCloud で独自のWebサーバーを使いたい場合は type: *-worker が便利

個人的に今 dotCloud がアツいです。無料枠を無制限に使える、WebSocketに対応している、設定の自由度がメチャ高いので、ちょっと作ったものを他人に見せたり自分の携帯から見たりするために気軽に作れちゃいます。 さて、 dotCloud で golang を使うとか、 …

wsaccel の効果

wsaccel で、 UTF-8 のバリデートだけでなく、同じく1バイトずつの処理である mask も Cython で実行するようになりました。 UTF-8 のバリデートはテキストフレームのみに行われる処理であり、JSONをバイナリだと言って転送してバリデートをJSONデコーダに…

AutobahnPython と WebSocket4Python の高速化

Python の WebSocket ライブラリの Autobahn と ws4py は、テキストフレームを受信した時にその内容が正しい UTF-8 になっているかどうかをバリデートしています。 このバリデートが1バイトずつの処理を Python でやっているために、 PyPy を使ってない場合…

Python の WebSocket ライブラリ

ちょっと調べてみたら、想像してたよりもライブラリが充実していたので、各ライブラリの特徴をまとめておきます。 AutobahnPython Autobahn が Python 用にサーバー、クライアント用のライブラリを提供しています。 AutoBahn Python は Pure Python で Twist…

Chef-solo の代わりに fabric を使う

Fabric は ssh 経由でリモートをゴニョゴニョするツールなので、デプロイツールとして見られがちですが、 cuisine など冪等な操作をサポートするライブラリを組み合わせれば手軽な構成管理ツールになります。 chef-solo に比べてターゲットとなるマシンへの…

BitBucketのいいところ

KLab では、プロジェクト開発中に作った便利ツールなどを皆が気軽に社内で公開できる場としてBitBucketの無制限プラン($200/month)を契約しています。 今日は Github に比べていいなと思う点を紹介していきます。 1. アクセスコントロール Githubだと、書き…

ropevim を使う

インストール に続いて、実際に rope を使い始めてみます。 とりあえず Flask アプリを題材に環境を作ってみます。 準備 $ mkvirtualenv flask $ pip install flask $ mkdir hello $ cd hello app.py を作ります import flask app = flask.Flask(__name__) @…

ropevimをインストールしてみる

rope とは Python で書かれた、 Python コードに対するリファクタリング等を行うためのモジュールで、主に IDE やテキストエディタに高度な Python のサポート機能を追加するために利用されています。 私はかなりのデフォルト教信者でたいてい IPython と最…

Python で TDD してみる

RSpec の入門とその一歩先へ がとてもよい記事だったので、 Python で写経させてもらいました。 https://github.com/methane/pytest-tut Ruby コミュニティと Python コミュニティの考え方の違いも見えて面白いと思います。 環境は Python 3.3 で、実行には …

スライスは Project Eular でも大活躍

id:hnw に感化されて、 Project Eular で遊び始めました。 今のところ Python 3.3 と Haskell で挑戦していて、 Python ならだいたい1分〜5分で解けるけど Haskell だとまだまだどう書いたらいいのかわからない場面が多いですね。これからgoもやっていきます…

Python のカッコ無いところを紹介してみる

Haskellのカッコいいところを紹介してみる をみて、 Python と比較してみようと思います。 以下、 heading は上記記事の heading の引用で、 Python のことではなく Haskell の特徴です。 数学や英語の知識で「読める」表現が多い 一応、 instanceof など多…

Flaskの闇

Merry, Xmas. Python advent calendar 2012 (#python_adv) 24日目の記事を、ミクパの再放送をBGMにお送りします。 今日は Flask のイケてないところとのつきあいかたを紹介します。 循環 import 問題 app.py 1ファイルだけの構成から成長してファイルを分け…

Flaskのカスタマイズについて

2012 Pythonアドベントカレンダー(Webフレームワーク) #python_adv の5日目の記事です。 明日は @altnight にお願いします。 Flaskはオモチャじゃないよ PyCharmなどのIDEがFlaskに対応を始めたり、Flask はそろそろ Django に続く Python の Web フレームワ…

勝手に添削 (C vs Python vs Ruby vs Haskell(ナンバリングdeベンチマーク))

C vs Python vs Ruby vs Haskell(ナンバリングdeベンチマーク) を勝手に添削。 今回は話題的に最適化するにはバイトIOにするとか出てきて面倒なので省略して、 Pythonic にするだけ。 元のコードは import sys argvs = sys.argv del argvs[0] for i in rang…

勝手に添削 (C vs Python vs Ruby vs Haskell(無意味な処理deベンチマーク))

なんか指名されたので、 C vs Python vs Ruby vs Haskell(無意味な処理deベンチマーク) このコードを Pythonic に書き直していきます。 ちなみに、 Python は 3.3 を使います。 まず、最初のコード n = 4000 a = [] count = 1 for x in range(n): a.append…

移行しました

はてな記法毎回忘れるのが苦痛だったので Markdown 使えると聴いて乗り換えました。GJ!

標準入出力のエンコーディングを指定する3つの方法の使い分け

そこまでおっしゃるなら、というわけで書いたのが以下。 #!/usr/bin/env python3.2 # -*- coding: utf-8 -*- import sys, os if 'PYTHONIOENCODING' in os.environ: for line in sys.stdin: chars = list(line.rstrip()) print('☆'.join(chars)) else: os.en…

Python 3 の標準入出力のエンコーディング

404 Blog Not Found:備忘録 - #python3 で sys.std(in|out|err) の encoding を強制する というわけでこうなりました。 import sys sys.stdin = open('/dev/stdin', 'r', encoding='UTF-8') ... 無理矢理開き直すなんてずいぶんと乱暴だと私も思うのですが、…

Mac OS X で VirtualBox を使って Linux を併用する

mac

会社から借りているマシンを、Ubuntuデスクトップをインストールした ThinkPad X200 から MacBook Air 13" 2012 に交換してもらった。人生初Macなんだけど、いきなり開発環境を総入れ替えするのは難しいし、オフラインでも使える Linux 開発環境はずっと欲し…

bzrのリポジトリをgitに変換する方法 (fast-import編)

bzr-git を使う以外に、 fast-import を使う方法があります。 単に乗り換えるために変換したい場合は、こちらのほうが高速で楽です。まずは、 bzr の fastimport プラグインを用意します。 $ pip install fastimport $ cd ~/.bazaar/plugins $ bzr branch lp…

ipython 0.12 と virtualenv を同時に使う方法

ipython と virtualenv を同時に使う方法 - Ian Lewis はとても便利な設定なので参考にさせてもらっていたんだけれど、 IPython 0.12 からは設定の方法が変わったのでこの設定方法では動かなくなった。IPython 0.12 での設定方法は、 (1) ipython profile cr…

Ubuntu 12.04 で Python 2.6 をビルドする

Ubuntu 12.04 でもまだUbuntuパッケージとして Python 2.6 が提供されているのですが、将来消えるのかもしれないのでそろそろ後方互換性確保用の 2.6 は自前ビルドをしておくことにしました。Python をビルドするとき、 Ubuntu 11.10 からだと思うのですが、…

バージョン番号を2度書かないために

Python では、下らない問題は、賢く綺麗に解決しようとせずに、 Python 本体が持っている柔軟さを使って強引に解決する方が楽な場合があります。 問題ごとに綺麗な仕組みを作ってしまうと、新しく Python を覚えるひとは無数にある下らない問題の数だけ用意…

Python-dev ML watch: 文字列リテラルに u プリフィックスがつきました。

更新が滞っているので、 Python-dev の ML の内容を伝える記事を気が向いた時に書くことにします。Python 3.3a1 がリリースされましたが、その直後にコミットされたのが、文字列リテラルのu プリフィックスです。この prefix は、 Python 2 と 3 に同一のコ…

bzr-git で快適 github 生活

bzr

Bazaar のホスティングサイトとして、 Launchpad があります。これはプロジェクトをまたぐ Issue Tracker やオンラインの翻訳システムが含まれており、 Ubuntu の開発に大活躍しています。 しかし、 Launchpad は github や BitBucket とは異なり、ユーザー…

本当は怖い軽量チェックアウトの話

bzr

前回は、作業ツリー上でコミットすると、別の場所にあるブランチに新しいリビジョンが追加されるチェックアウトについて説明しました。 今回はチェックアウトの別の仕組みである軽量チェックアウト (lightweight checkout) について説明します。 軽量チェッ…

[bzr] チェックアウトとブランチの使い分け

bzr が git や hg と大きく異なるのは、メインラインの概念とチェックアウト機能だと思います。 メインラインについては昨日の Advent Calnedar で wonderful_panda さんが解説してくれました。(ブランチのメインラインのイメージについてしゃらくさい話をす…

Python の GC のデバッグ機能

Python のデーモン型のプログラム(具体的に言うと Loggerhead という bzr のリポジトリブラウザ)が大量(具体的に言うと100MB以上)メモリを食っていたので、それを調べた時のメモ。まず、本当にそれだけのメモリを利用しているのかどうかを meliae という…

Python3 Advent Calender 3日目 - New GIL を理解する

2011 Pythonアドベントカレンダー(Python3) - connpass の3日目を担当します。Python 3 がリリースされてから、 Python の進化は主に Python 3 で行われ、そこから Python 2 にバックポートできるものがバックポートされています(例: GCのチューニング、辞…

bdist_dumb --relative を使って絶対パスを固定せずにインストールできるバイナリ配布物を作る

Python のバイナリパッケージは、Linux 環境ではあまり使われない。 ソースからインストールする文化があるのと、Unicode の内部表現を選択する configure オプションなどによってバイナリ互換性が失われるケースがあるからだ。でも、同じLinuxディストリビ…

Python の GIL 排除のために Software Transactional Memory が注目されている理由

あるいは、Pythonは参照カウント方式だからGILを排除できないという誤解に対する回答。参照カウントってアトミックなインクリメント・デクリメントさえあればセマフォとか使わないでも並列化できるんで、パフォーマンスが滅茶苦茶落ちるということはない。参…